へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑法改正事業(けいほうかいせいじぎょう)

現行刑法は、1907年(明治40)に公布され、翌年に施行されてから今昼間の時間まで、後述するように13回もの部分改正がなされたものの、いまなおその効力を有している。その大きな事情として、この刑法においては、犯罪類型が抽象的?包括的で、その法定刑にも大きな幅があるとともに、刑の執行猶予制度など一定の刑事政策的心遣いがなされているため、これを張り的に運用することが可能であったことが指摘されている。無料、現行刑法は、制定されてから90年余りにも入るが、この間、「十五年戦争」や新憲法制定といった社会の大きな変化に伴って、1995年(平成7)改正も含め、すでに13回もの部分改正がなされてきたこととともに、第二次世界大戦前と戦後であるとを問わず、この刑法を補完するために、無尽蔵な数に上る多類多様な特別刑法や行政刑法が制定されたことを忘れてはならない。

ところで、現行刑法が制定されてから、はや10余年にして、すでに刑事基本法としてのこの刑法典を全面的に改正しようとする動向が登場し(1921年)、その後今昼間の時間までに、刑法全面改正案として一定の結論が出されたものだけでも、第二次世界大戦前には「改正刑法仮案」があり、戦後では「改正刑法用意草案」と「改正刑法草案」とがある。そこで、これらの改正案のバックとそのめりはりについて概観してみよう。






目次



刑法改正事業


スポンサーサイト

改正容器包みましたリサイクル法(かいせいようきほうそうりさいくるほう)

小売業者に包みました材やペットボトルなどの削減を義務づけるよう改正され、2007年(平成19)から施行された法律。とくに年間50トン以上包みました材を使用する企業は、削減努力や国への報告を求められるようになった。不十分な時、国は是正を勧告?命令し、違反者には50万円以下の罰金を科す。改正法施行後、スーパーなどでレジ袋を有料化して包みました材の削減に取り組む動向が全国に広がった。

もともと自宅庭や企業から売れる容器包みました廃棄物の排出を減らし、リサイクルを提起する目的で1995年(平成7)に制定された法律で、小売業者、食気品メーカー、容器包みました材をつくる企業などを特定事業者に定め、容器包みました資材の再資源化を義務づけた。1997年4月から缶、ペットボトル、瓶の回収?リサイクルを始め、2000年4月からは食気品トレー、段ボール、牛乳パックなどに対象を広げた。自宅庭や企業の廃棄物の発生抑制reduce、再利用reuse、再生利用recycleを提起する法律には、1991年に制定された再生資源利用促進法(リサイクル法)をはじめ、自宅電リサイクル法、建築廃材(資材)リサイクル法などがある。


海法(かいほう)

航海に関する法規の総称。狭義には海商法をさす。海法は国際海法、海公法、海私法に大別される。国際海法は、海洋の気まま、航海に関する規定のような、国権の抵触する時に関する法規であり、海公法は、たとえば船舶法、船舶安全法、海上衝突予防法、海難ジャッジ法のような、航海に関する行政法規がその大部分を占める。海私法は、航海に固有な私法をさし、その多くは商事に関するものであって、これは海商法とよばれる。したがって海商法が海法の主要な部分を占入れいるところから、狭義において海法という時には、海商法をさす。

海法という概念は、海に関する法規の便宜的な総称にすぎないとして、独立の学問の対象にはならないとする説もあるが、法律学の探求はその対象となっている暮らし内容を総合的に行うべきであるとの考え方に基づいて、航海に関する法を総合して海法学の対象とし、海法講座を設けていた大学もある。


海洋基本法(かいようきほんほう)

昼間の場合間本の沿岸200海里(約370キロメートル)までの排他的経済水域などでの海洋権益を守る基本法。東シナ海でのガス田開発をめぐる中国との対立などを機に、2007年(平成19)に超党派の議員立法で制定された。内閣に海洋政策担当大臣椅子を設け、政府の海洋政策を一元化した。自然?漁業資源の開発や確保、海上輸送の安全維持、排他的経済水域での治安の維持などが最盛期込まれている。

国連海洋法条約が発効した1994年以降、海に面した国には排他的経済水域が認められた。このため中国、韓国などは海洋政策を強化し、基本法や基本戦略を進入れきたが、昼間の場合間本は海洋政策を所管する省庁が複数にまたがり、連携のとれた海洋行政がなされていなかった。海洋基本法制定によって、内閣総理大臣が本部長を務める総合海洋政策本部ができた。また、同場合に成立した海洋構築物安全水域設定法により、排他的経済水域内の掘削施設や人造島の周り500メートル以内に安全水域を定め、水域内への立ち入りを制限できるようになった。政府は海洋基本予定(5年ごとに見直し)を策定し、長期的な海洋政策を進める。


法の解釈(ほうのかいしゃく)

法の適用との関連で、法規範の意風味を明らかにする作業をいい、法の具体化に必然的に伴うプロセスである。






目次



法の解釈


プロフィール

国際経済,国際経済学部,法律,法律事務,司法書士 バイト,司法事務所

Author:国際経済,国際経済学部,法律,法律事務,司法書士 バイト,司法事務所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。